開催レポ!8/27(土)看護学生 就活☆ラボ in大阪

就活☆ラボイベント実施報告!

この記事のレポーターは?

motan

看護学生レポーター:神戸大学医学部保健学科看護学専攻 3年生 もーたん

3回生のもーたんです。広島県は電車も通らない自然いっぱいの世羅出身。自他共に認めるファミリーコンプレックス。周囲に流されず、独自の価値観と信念を持って経験を積み、分厚いだし巻き玉子のような大人の女性になるのが目標です!現在は、就活☆ラボの学生ライター兼代表をやりつつ社会勉強と自分の将来について考えています。

今回のテーマは、病院の種類と働き方。それぞれの役割は?

今回の看護学生 就活☆ラボは、「病院の種類と働き方」がテーマで、9名の看護学生が参加!

20160827護学生就活プレゼン

〇〇年後はこうなっていたい!〇〇歳までに結婚したい!

「わたしの未来の働き方」をみんなでワクワクしながら考えるワークショップ!

2

 

ケーキを食べながら、他大学の看護学生と交流!

心斎橋のカフェでケーキをいただきつつ、働き方を考えたり、急性期と回復期と慢性期とではそれぞれ看護師の役割も違うということを学んだりしました!

61

ゲストの現役看護師長さんの話には、みんな真剣な眼差し

いま、実際に看護実習生を受け入れている人から、生の声を聞けました!5

 

(参加者の声)
◯もうすぐ実習で構えていたけど、今自分のできることをやる。患者さんを大切にしようと思いました。

◯何回か参加させてもらっていて毎回気づきがあり、楽しみにしてます!

◯実習前で気負っていたけど、患者さんを大事にすることを大切に実習がんばります。

◯私は4年生ですが、詰め込んだ感じがあったので3年生から就活勉強はとても意味があると思います。3年生のみなさん頑張ってください!

◯プライベートの時間で生の先輩の声が聞けてとても貴重な時間でした!大学の中でしか勉強してなかったので、他の大学と交流できて刺激になった。

◯始めての参加です。実習が近づくに連れて心配や不安あったが、先輩ナース(病院師長さん)の話で実習に向けて前向きに取り組みたいと思った。

◯看護学生就活ラボの1回目の参加で看護業界のことを知って自分を振り返るキッカケとなりました。今日は2回目の参加で「病院の種類と役割」が分かった。今後どうしていきたいか考えていきたいと思います。

〇急性期、回復期、慢性期で看護師の役割が違うこと。慢性期だから残業はないということではないことが分かった。

〇ゲストの師長さんのこれまでのワークライフバランスやキャリアの積み方、看護に対する貴重なお話が聞けて良かったです。実習先でどこか遠い存在になっていた師長さんが身近に感じることができました。

〇実際に看護学生を指導している方から、学生として、患者さんにどう関わることが大切か?ということや、自身の体験を語ってくださったことが印象的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護学生 就活☆ラボ WEB編集チーム

看護学生 就活☆ラボ 編集メンバー募集中! 看護学生就活☆ラボは、「未来のナースのハタラキカタ」をテーマに、【「夢」と「やりがい」をもって働き続ける未来ナースを増やす!】をミッションに、『日常』の中に『出会い』『学び』『発見』のある「場づくり」を行いながら、看護学生編集チームメンバーでアイデアを出しながら、全国約20万人の看護学生へ発信していきます!