みんなの就活体験記【Case001】都会で働くか?地元で働くか?

みんなの就活体験記【Case001】都会で働くか?地元で働くか?

●看護学生記者:兵庫県  看護学部 2017年卒生 YUKA

さて、もうちょっとで国家試験です!4年生最期の試練に向けて猛勉強中!ですが、ちょっと気分転換に記事投稿します。

昨年の今頃はちょうど、3年生の病院実習が終わり、まわりはそろそろ就活ムード。

私の学校は神戸ですが、就職は漠然と地元の九州に戻って働こうかな?と考えていました。

でもいざ、就活となると地元の病院情報は全然ないし、病院の症例や規模も都会の方が職場情報が多く、地元で働く気持ちがうすれつつ。。。

そうこうしていると、夏休みになってまわりは職場の内定が決まり出して焦りまくり!!!

病院説明会では分からない!

病院説明会に行っても、いったいどこが自分にあっているのか?自分は何がしたいのか?よくわらずに資料をもらうばかり。

そんな時に「看護学生就活☆ラボ」のイベントに友人に誘われ参加しました。現役ナースである先輩の就活アドバイスや、リアルな職場情報の収集ができました。

漠然としていた「初めての職場の選び方」まで、キャリアアドバイザーの方と個別相談もしていただくことに。

個別に話を聞いてもらうことで、

「自分がどんな看護師になりたいか?」

「女性としてどんな風に生活していきたいか?」

を元に、自分らしく働くための職場情報や社会人ナースの実情と心構えも教わりました。

大事なのは、人に決めてもらうのではなく、自分でしっかり意思決定すること。

関心をもった職場の見学・インターンの情報もいただきながら、積極的に足を運ぶことで、だんだんと気持ちが整理され、内定先が決まりました!

気になる職場の先輩を紹介してもらえる!

私が一番参考になったリアルな情報源は2つ。

①キャリアアドバイザーさんの豊富な情報量

②実際に現役で働いている先輩ナースのリアルな情報

現役の先輩がぶっちゃけてくれるイベントやネットワークが「看護学生就活☆ラボ」さんのスゴイところです。

私が気になる職場で、今実際に働いている先輩ナースを紹介してもらい、お茶をしながら話が聞けるなんて!

ちなみにその先輩がとても魅力的で、その職場に応募することを決めました!

1人で就職活動していては出会うことはなかったと思います。本当にとても貴重なご縁をいただきました!

「看護学生就活☆ラボ」の就活イベントは固くなく少人数で聞きたいことが聞けるのでおすすめです。

私は地元でなく、都会で働くことを選びましたが、何が正しいかは1人1人違ってあたりまえだと思います。

後輩のみなさんにも、それぞれ自分らしく、後悔のない職場選びをしてほしいですね!

2018年卒-2019年卒看護学生向け最新就活イベント情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です