宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション 淀川キリスト教病院(病院見学感想レポート)

2017年度 就活レポート

*本レポートは、看護学生が個人的にヒアリングした内容や感想を述べるレポートのため、実際の情報と異なる可能性があります。意見はあくまでも個人の 主観的な意見であり、いかなる特定の企業・組織・機関も代表するものではありませんのでご了承ください。


宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション 淀川キリスト教病院

看護学生レポーター:看護学生3年生

  • スタッフ数:49人 (うち看護師4人、アドバンス助産師8人)
  • 夜勤体制:5~6人 (妊婦:1人、分娩室:1人、産褥:1~2人、リーダー:1人)
  • 病床数:51床
  • 分娩数     1248件/年
  • 帝王切開数  335件/年 (26.84%)
  • ローリスク   約15~20%
  • 明らかなハイリスクはいなく、中等度のリスク
  • 母子同室実施
  • 海外旅行に行ける
  • 院内助産が病院に近い印象だった
  • 早く独り立ちできそう
  • 分娩件数が多くて魅力的だが…..  (例:続きはline@へ登録して読む etc..)

ABOUTこの記事をかいた人

看護学生 就活☆ラボ WEB編集チーム

看護学生 就活☆ラボ 編集メンバー募集中! 看護学生就活☆ラボは、「未来のナースのハタラキカタ」をテーマに、【「夢」と「やりがい」をもって働き続ける未来ナースを増やす!】をミッションに、『日常』の中に『出会い』『学び』『発見』のある「場づくり」を行いながら、看護学生編集チームメンバーでアイデアを出しながら、全国約20万人の看護学生へ発信していきます!