就活っていつするの??~アメリカ留学と就活ライフ~

「就活っていつするの??」

看護学生記者:神奈川県在住 看護学部4年生(2017年卒) ペンネーム:ぐうたらわんこ

(記事投稿協力:看護学生団体ION

初めまして!看護学4年のぐうたらわんこです。

学生生活最終学年は、実習に国家試験、就活に学外活動と「やらなければならないこと」と「やりたいこと」が盛りだくさんの1年だと思います。

その中でも、今回は少し変わった私の就活ライフを共有したいと思います。

見学やインターンはいつ頃行くの?

さて、突然ですが、皆さん、病院見学やインターンにはいつ頃行こうと考えていますか?

私の場合、「インターンは3年生の1月から3月で行けば十分だよ」という先輩方や先生方のアドバイスをうのみにし、友人たちもその時期に合わせて就活のスタートを計画していたため、「自分もそうしよう」とぼんやり考えていました。

それが3年生の夏のことです。

しかし、そんな甘い考えだった私は、4年生の春、厳しい現実に直面することになるのでした。。。

アメリカで過ごした3年生の秋。すると、、、

看護や医療だけでなく、社会課題の解決や社会起業にも興味があった私は、3年生の秋、リーダーシップや社会起業を学ぶためのプログラムに参加するため、春休みの5週間をアメリカで過ごすことに決めました。

そうです!

春休みのほぼすべてをこのプログラムにかけたのです!

アメリカでの学びは本当に素晴らしいもので、私の人生のターニングポイントの一つになるような大きな出来事でした。

しかし、、、、実習や留学の準備に追われた結果、

帰国後の私は「みんな」が始めた就職活動の波に乗り遅れ、就職を希望する日本の病院のインターンはおろか病院見学すら1つも行くことができていませんでした。

そんな私を待ち構えていたのは、実習や卒論の合間でおこなう超ハードな就活ライフでした。

超ハードな就活ライフ!!

平日は実習や学業をこなし、その合間に病院のリサーチや見学希望の申し込み、土日には新幹線や夜行バスに乗り込み見学や面接に!

春休み中に志望病院を決めた友人たちが次々と内定を勝ち取っていく中、私はまだ病院見学の状態。。

「やばい!!!どうしよう~」

私の前に立ちはだかった就活の壁は心身ともに大きなストレスをもたらしました。

しかし、家族や大学の先生をはじめ周囲の支えもあり、9月まで粘った結果、

最終的に納得のいく就職活動ができました。

これから就職活動を始める後輩の皆さんにぜひお伝えしたいこと

これから就職活動を始める後輩の皆さんにぜひお伝えしたいこと。

それは、周りに流されず、自分で考えて就活のスケジュールを計画することです。

気になる病院があったら学年を気にせずインターンや病院見学に積極的に行ってみましょう!

そして、私のように就活のスタートが遅れたり、焦ったりしている人へ。

友人が内定を勝ち取ってくと焦ります。

けれど、落ち着いて自分のやりたいことと向き合い、妥協せずに見学やインターンに参加してみましょう。その本気が、春からの素敵な看護師ライフに繋がっているはずです!

▼この春から新社会人ナースとして病院勤務スタート!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

看護学生 就活☆ラボ WEB編集チーム

看護学生 就活☆ラボ 編集メンバー募集中! 看護学生就活☆ラボは、「未来のナースのハタラキカタ」をテーマに、【「夢」と「やりがい」をもって働き続ける未来ナースを増やす!】をミッションに、『日常』の中に『出会い』『学び』『発見』のある「場づくり」を行いながら、看護学生編集チームメンバーでアイデアを出しながら、全国約20万人の看護学生へ発信していきます!