本を読むのはすきですか??

本を読むのはすきですか??

私流!しんどい時の気分転換法!

●看護学生記者: 大阪信愛女学院短期大学 看護学科 2年生 篠原 瑞月

みなさんこんにちは!

今回は、私流の、しんどいことがあっても、乗り切っていける方法を、紹介します✨

みなさんは本を読むのはすきですか??

私はあまり好きではありませんでした。小さい時は特に漫画は読みましたが、

本は文字ばっかりで、読めない漢字もあったので読みかけてもすぐにやめてしまいました。

しかし私は気づいたのです!!

例えば、今私がすごく何かに悩んでいたとします。

そんな時、携帯を触っても、人と話をしていても、同じことしか考えられない…。

でも、そんな時に本を読んでみると、その本の内容が今の自分のおかれている立場とは全く違っても、

あ、こんな考え方もあったのか!と、さっきまでグルグルと同じことを考えていたループ中から抜け出せるのです!!

私は、たまたまだと思い、いろんな時に本を読んでみました!

身体が疲れている時、先生に怒られた時、友達といかなかったとき、

勉強しないといけないとき、どれも小さな悩み事ですが、すこし疲れているときなのです。

そういうときに、本を読んでみるとちょっと落ち着きます。スカッとした気持ちになる!

というよりは、私は疲れたとき、ゆっくり座ってぼーっとしていたいからかもしれませんが…

これが、わたしにとって、しんどいことを乗り切る方法の1つです✨

本はなんでもいいと思います!

私は時間のあるときに本屋さんにより、1冊、今から読みたい本を決めます。

気分とか表紙のデザインとか、題名とか文章の言葉遣いとか、自分の好きな物を選びます。

こうすると本にも愛着が湧いて、開くのが楽しみになります!

近くに本屋さんがあったら、入ってみるだけでも、しんどいときは気分転換になるかもしれませんね!

また、私もたくさん読んだら、紹介していけたらなと思います!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護学生 就活☆ラボ WEB編集チーム

看護学生 就活☆ラボ 編集メンバー募集中! 看護学生就活☆ラボは、「未来のナースのハタラキカタ」をテーマに、【「夢」と「やりがい」をもって働き続ける未来ナースを増やす!】をミッションに、『日常』の中に『出会い』『学び』『発見』のある「場づくり」を行いながら、看護学生編集チームメンバーでアイデアを出しながら、全国約20万人の看護学生へ発信していきます!