東大院生が答える新3年生学校生活について

「これからどうするの?(就活とか、進路とか…)」

看護学生記者:青森県在住 看護学部3年生(2018年卒) ペンネーム:YUMI

(記事投稿協力:看護団体ION

はじめまして。私は、来年度から東京大学大学院に進学します、ちおびたと言います。

私には、看護学部新3年生になる妹がいます。妹に、

「これからどうするの?(就活とか、進路とか…)」

と聞いたら、

「わかんない…!!!」

と言われました。

 

確かに……!

私もそうでした。学部生活が半分終わって、来年度からは実習も始まるし、進路について考えなきゃいけない。考えなきゃいけないけど、何をしたらいいんだろう?…私も新3年生の時、わかりませんでした。

そのおかげで卒業後の進路については、とても悩みました。

でも、たくさん悩んだ分、自分の納得がいく選択ができたのも事実です。

そこで今回は、同じ看護学生として、

「たくさん悩んでいいんだよ!」

「まだ進路が決まっていなくても焦らなくていいよ!」

という励ましを込めて、お話しさせていただければと思います。

「これからどうしたらよいかわからない…」新3年生へ

私が「これからどうしたらよいかわからない…」新3年生(や卒業年次の1つ前の学年)の方に、お伝えしたいことは、

ずばり!!「とことん、やろう!」ということです。

特に、①「やりたいこと」、②「目の前のこと」、③「できること」、をやることをお勧めします!

 

まず、①「やりたいこと」について、

あなたの「やりたいこと」は何でしょうか?何をしている時、楽しいですか?どんな時、幸せを感じますか?

これから進路を選んでいくとき、最も大切なのは、自分がどうしたいかということです。自分の生活を振り返ってみると、3年生の前期は準備の時期だったと思いました。決定するのは4年生になってからで十分間に合います。卒業後、あなたの一番綺麗な花を咲かせるために、今の時期は十分栄養を蓄えましょう!焦らなくても大丈夫です!

 

次に、②「目の前のこと」について、

あなたが今やらなくてはいけないことは何でしょうか?

多くの大学で3年後期から長期の実習が始まるかと思います。覚えることはたくさんあるし、わからないことだらけ。どうしたらいいの?どうしてうまくいかないの?もうやめたい…、そんな風に思ってしまうこともあるかと思います。

そんな時、思い出して欲しいのは、「目の前のこと」を一生懸命やることです。やらなければならないことを少しずつでも、1つでもやってみると、複雑に見えていたことが意外にもシンプルなことに気づきます。ぜひ試していただきたいことの一つです。

そして、③「できること」について、

あなたが今「できること」は何でしょうか?

進路が不安なのであれば、それを解決するためにはどうしたらよいでしょう?不安を書き出すことでもいいですし、解決法を調べることができるならそれもよいと思います。誰かに話すこと、相談することかもしれません。まず、「できること」から、始めてみましょう!その行動が、きっと次につながります。たとえ逃げてもいいのです。それがあなたの役に立つ時がくると信じています(逃げ恥だ!笑)。

看護学生団体IONでは、あなたが

①「やりたいこと」、②「目の前のこと」、③「できること」

をとことんできる環境が揃っています!今の私があるのは、IONのおかげです。

ぜひ覗いてみてくださいね!ここまで読んでくださったあなたの、健闘を心から祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護学生 就活☆ラボ WEB編集チーム

看護学生 就活☆ラボ 編集メンバー募集中! 看護学生就活☆ラボは、「未来のナースのハタラキカタ」をテーマに、【「夢」と「やりがい」をもって働き続ける未来ナースを増やす!】をミッションに、『日常』の中に『出会い』『学び』『発見』のある「場づくり」を行いながら、看護学生編集チームメンバーでアイデアを出しながら、全国約20万人の看護学生へ発信していきます!