どんな気持ちで学校に通っていますか?~看護師になるの辞めたくなってきた時は~

どんな気持ちで学校に通っていますか?

看護師になるの辞めたくなってきた時は、、、

●看護学生記者:大阪信愛女学院短期大学 看護学科 2年生 篠原瑞月

image4

はじめまして!!!
こんにちは( ﹡ˆoˆ﹡ )

看護学校に通う、2回生の篠原瑞月です✨
どうぞよろしくお願いいたします

今回は『私が毎日どんな気持ちで、学校に通っているのか』について、書かせていただこうと思います。

『みなさんはどんな気持ちで学校に通っていますか??』

私は、学校に入学してから看護師ってこんなんなんや、辞めたくなってきた…と思っていました。
解剖や医療技術ばかりで看護ってなんやろう?って、考える場所がなく、最終的には学校に行くことが嫌になりました。

学校の先生にも友達にも、なかなか相談できない…

そうだ!!学内に相談できる人がいないから、こんなに1人で考えてるんや!!じゃあ、学外で看護学生が集まってる団体ってないんかな??

そんなことを考えている時に、ハッピーコールナースに出会いました。

看護仲間との出会いで、自分の中の考え方が少しずつ変わっていった

image2

◆「ハッピーコールって何?」というみなさんに少しご紹介。
ハッピーコールナースは看護仲間が集まる団体で、今は現役ナースとなった代表のみなこさんが学生のころに、看護師をもっと元気にしたいという思いから、つくられた3つの理念のもと活動している団体です。

①看護の情報が集まる場所
②自分の看護を見つめ直す時間
③自分らしい看護の追求
の3つの理念です!!

◆何をしているのか??
WOW(わお)会という会を開催し、
みんなで学校や職場での悩みを話し、同じグループのメンバー解決したり、
キャンプに行って一晩一緒にすごし、日頃の疲れをリフレッシュしたり、
悩みだけでなく、テーマごとに話しあい、同じ意見の人とさらに話を深めたり…などなどです!

わたしは、そんなハッピーコールナースにコンタクトをとり、
すぐに、代表のみなこさんと副代表のだいちゃんに会い、
自分の考えを話すと、スタッフを一緒にしよう!と誘っていただきました!

このことがきっかけとなり、自分の中の考え方が少しずつ変わっていったように思います。
看護師になって何をしたいのか。私はこのようなことを自分になかなか問いかけませんでした。

考えてみた結果、自分には夢がある!と気づいたのです。

わたしの夢を叶えるために、看護師になる!

看護師になることは目的ではなく、夢をかなえる通過点。

image3

みんなそれぞれに、悩み事があり、家庭内や学校ないでの居心地の悪さがあると思います。そういう想いを抱えた人達が、あ、あそこに行こう!と思える空間を作ることです。

イメージはこんなとこ!

こどもの里は、家庭の様々な環境により、家でご飯が食べられない、宿題ができないとうこどもたちの居場所になっているとともに、こどもをうまく育てることのできない親の見方でもあります。

虐待をしてしまうことは、親がわるいのでもこどもが悪いのでもありません。

親もこどもも疲れているのだとおもいます。

そういう時、安心して過ごすことのできる居場所は必要なんだと感じます。

そしてこのことは、こどもだけではなく、私たちの年代(20代)の人からおじいさんやおばあさんまで、
みんな同じことで、また介護を担っている方も同じだと思います。

そこで私は、こどもだけを対象とするのではなく、おじいさんやおばあさんにもくることのできる、
全ての世代の方が、なんかしんどいなと思った時にくることができる空間をつくりたいと思います!!

この空間を作るために、私には看護師という職業に就く必要があり、
色々な角度からたくさんのことを見られるようになる必要があると思いました。

長くなってしまいましたが、はじめの問いかけにもどりますね…

『みなさんはどんな気持ちで学校に通っていますか??』
私は、看護師になるということは、夢を叶えるための通過点だと思っています

image1

誰かとの出会いってすごい!!

そのことで、自分の気持ちが変わるのなら、新しい考えが欲しい時、誰かに会うことはすごいな!と思いました。

何が伝えたいのか、分かりにくい文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護学生 就活☆ラボ WEB編集チーム

看護学生 就活☆ラボ 編集メンバー募集中! 看護学生就活☆ラボは、「未来のナースのハタラキカタ」をテーマに、【「夢」と「やりがい」をもって働き続ける未来ナースを増やす!】をミッションに、『日常』の中に『出会い』『学び』『発見』のある「場づくり」を行いながら、看護学生編集チームメンバーでアイデアを出しながら、全国約20万人の看護学生へ発信していきます!