新人ナース奮闘記《看護歴3ヶ月!まだまだこれから》

新人ナース奮闘記《看護歴3ヶ月!まだまだこれから》

1日1日、一生懸命です。

●現役ナース記者:京都 総合病院勤務1年目:中川 未奈子 (看護団体「ハッピーコールナース」代表)

nurse

はじめまして!
看護師1年生のみなこです!( ´ ▽ ` )ノ

私は今、京都の病院で、
外科、消化器、呼吸器、総合内科、腫瘍内科が混合する病棟に勤務しております!

これを話すと「盛りだくさんやな!」と、たくさんの人にびっくりされるのですが、笑
三次救急も受け入れる病院で、急性期から終末期まで、幅広くいろんな患者さんがいらっしゃる病棟です!

私は終末期看護を学びたくて、この病棟に希望を出させてもらい、配属されたのですが、
働き始めて3ヶ月経っても、わからないことだらけで、
命を守る重い責任に耐えながら、なんとか働かせていただいてますヽ(;▽;)ノ

学生と実際の現場の違い

先輩には本当に感謝しかありません。

lecture_img1

学生とはちがい、その大きな責任や、危険がたくさんあることに、
正直、恐怖心が強くなる毎日です、、_| ̄|○

学生のときに先生が言っておられた「知らないことが罪になる」という本当の意味を、看護師になった今、強く実感しています。

そんな過酷な現場で、先輩たちは何年も経験を積み、ミスや事故なく仕事をされていることに、驚きと尊敬の気持ちでいっぱい…

そしてさらに、新人の私たちのことまで気にかけ、フォローと指導をしてくださるなんて、本当に感謝しかありません。
自分だったら絶対できないです。笑

限られた時間の中ですべての業務をこなし、
患者さんの命・安全を守りながら、
なにをしでかすかわからない後輩のことまで気にかけなければならない、という状況。

やばくないですか?

私も、学ばせてもらう立場として、また雇われている身として、
自分の果たすべきことを果たし、真摯に、謙虚に、向き合わなければならないなと思います。

患者さんに成長させられる毎日

患者さんは師匠です。

つないだ手

大変なことに変わりないですが、
そんな中でも面白いことは起こるもので、
患者さんとのエピソードもたくさんできました。笑

患者さんは師匠です。
笑わせてくれはるし、喜ばせてくれはるし、
泣かせてくれはるし、怒らせてくれはるし、
強くて、弱くて、
前向き、ときには後ろ向いて、
本当に、1日1日、一生懸命です。

「なんでそんな言葉が出てくるんだろう?」って、
たーーくさん考えさせてくれます。場面場面で、悩まされます。

頭も使うし、身体も使うし、

でも、
間違いなく、成長させてくれる。
患者さんが支えてくれてます。

未熟でも、うまくできなくても、
わたしも一生懸命やろうって、やっぱり思います。

だから、明日も、元気よく出勤!!!
まだまだこれからでっしゃろ!
看護のみんな!いっしょに生きよう!!ありがとう!

ハッピーコールナース!代表 みなこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護学生 就活☆ラボ WEB編集チーム

看護学生 就活☆ラボ 編集メンバー募集中! 看護学生就活☆ラボは、「未来のナースのハタラキカタ」をテーマに、【「夢」と「やりがい」をもって働き続ける未来ナースを増やす!】をミッションに、『日常』の中に『出会い』『学び』『発見』のある「場づくり」を行いながら、看護学生編集チームメンバーでアイデアを出しながら、全国約20万人の看護学生へ発信していきます!