高槻市の第一東和会病院を調査せよ!【Vol1.新人ナース座談会】 

2年目ナース5名に聞きました!

この記事のレポーターは?

motan

看護学生レポーター:神戸大学医学部保健学科看護学専攻 3年生 もーたん

3回生のもーたんです。広島県は電車も通らない自然いっぱいの世羅出身。自他共に認めるファミリーコンプレックス。周囲に流されず、独自の価値観と信念を持って経験を積み、分厚いだし巻き玉子のような大人の女性になるのが目標です!現在は、就活☆ラボの学生ライター兼代表をやりつつ社会勉強と自分の将来について考えています。

下写真左から

Bさん(鹿児島県出身 2年目20代男性 外科、内科、整形外科、脳外科)
Hさん(熊本県出身  2年目20代女性 脳外科、外科、泌尿器科、婦人科)
Nさん(熊本県出身  2年目20代男性 整形外科)
Mさん(高槻市出身     2年目30代女性元事務員 内科)
Oさん(熊本県出身     2年目20代女性 オペ室)

bana

もーたん:みなさん、今日はどうぞよろしくお願いします!早速なんですが、看護学生も気になる、病院の教育制度のお話から、お聞きしていきたいと思います。

Q:今年導入されたPNS(パートナーシップ制度)はどうですか?

Mさん:最初は緊張したが、先輩がいることで、いつでも質問できる安心感があります。

Nさん:薬剤のダブルチェックの際にとても助かっています。病棟の看護師が二つのチームに分かれたので、業務によってチームの忙しさが違う面もあると思います。

Bさん:先輩と組むということで、正直緊張したり気をつかってしまう面もありますね(笑)。

Mさん:自分が年上の後輩という立場なので、気を使わせてし合う面もあるかと思います。私の病棟が社会経験を積んだナースが多いので、そのメンバーと飲みに行くことは多いですよ(笑)

Oさん:オペ室はその日ごとにチームで動いています!25人ほどで、眼科の手術が特に多いです。土日にもオペが入ることが多く、症例がたくさん見れますね。

IMG_2823

Q.入職する前と実際働き始めた後で感じたことは?

7Bさん:患者さんに笑顔で寄り添って、お話しながら楽しい時間を持てると思っていましたが、実際に働き始めて一番思うことはギャップです。瞬間的な業務の忙しさや、チームで動くことの難しさも感じています。でも、なんだかんだしんどいながらも看護は楽しいです!

もーたん:どんな時が楽しいですか?

Bさん:患者さんを入院から見て、退院まで関わることができた時、患者さんから感謝のことばをいただけた時は、モチベーションが上がります。

 

 

Hさん:学生の時は就職すれば勉強はおしまい!と思ってましたが、就職すると学生時代よりも勉強しなければいけないことが出てきて、まだまだこれから勉強が必要だなと思いました。

Nさん:学生の時よりもたくさんの患者さんを受け持つことになり、責任の重さを痛感しました。人の死を見るという経験をして、自分の一つ一つの行動が、患者さんの命に直結すると感じます。

Mさん:体力がいる仕事だなあと感じています。注射1つ行うにしても本当に責任重大です。

Oさん:全くイメージと違ってました!オペ室の実習は無かったので学生のころ考えていた看護師とは違う働き方をしています。ひとつひとつが初めてのことばかり。オペ室は患者さんと関わるだけでなく先生との連携も必要になってくるので、その分、病棟とは違った経験ができます。

もーたん:オペ室で働こうと思った理由は何ですか?

Oさん:将来助産師になりたくて、オペ室が一番経験を活かせると思ったんです。

Q.自分が成長したと思う瞬間は?

Bさん:最初は、何もわからない状態で先輩に質問ばかりしていました。患者さんが発熱しただけで頭が真っ白になってしまい、怒られていた時代もありました。今はある程度冷静に何をすべきなのか考えることができるようになったと思います。

Hさん:先輩から教わることがメインでしたが、率先して業務を手伝えるようになった時ですかね。

Nさん:先輩から仕事を頼まれるようになったり、自分から患者さんに声掛けができるようになった時。

M5さん:患者さんを最初から最後まで受け持つことができるようになったときに成長したなと思います。

Oさん:器械だしが最初はメインで、先輩から外から支持されて動く場面が多かったが、術式を見ながら何が必要なのか考えて動けるようになった時。あとは、2年目からリーダー業務も入ってきて、できることが少しづつ増える度に成長を感じることができます。

 

Q.みなさんの新人時代の失敗談は?

Bさん:清潔操作を誤ってしまったこと。滅菌された器械を先生に渡すときに2回も同じ操作で誤ってしまって…その日はものすごくへこんで、すぐに寝ました(笑)

Hさん:私も清潔操作はミスをしました。点滴を患者さんに投与するときに入れ間違えてしまって患者さんを不安にさせてしまいました。。。

Nさん:インフルエンザが流行る前に自分がかかってしまって、病棟の皆に迷惑をかけてしまったことです…。

Mさん:患者さんの質問があったときにすぐ答えることができず、業務に追われて忘れてしまったこと。バタバタしていても、患者さんに言われる前に、自分から気づけるようになりたいと日々考え行動を心掛けています。

Oさん:器械の出し忘れで、手術時間が長引いてしまったり、止めてしまったことがあります。手術が長引いたとき、患者さんの家族へ説明に行った際、自分の緊張が伝わってしまい不安にさせたかなあと心配になりました。患者さんへの関わりが短いといこともあり、とても緊張してしまいました。

IMG_2839もーたん:失敗して気分が落ち込んだときはどうして乗り切りますか?

Bさん:とにかく寝ます(笑)

Hさん:飲みますね(笑)

Mさん:仲間に話を聞いてもらいます。

 

Q.自分の職場の特徴や魅力は?

Bさん:「何でも屋」というのが特徴です。内科、外科いろんな症例が見れます。

3Hさん:消化器が苦手分野だったのですが、患者さんとの関わりの中で学ばせてもらう場面が多いです。「こういうことがあってこのような症状が出ているんだな!」と気づくことが楽しい!脳外科の患者さんはあまり動けない方が多いのですが、その患者さんが元気になっていく経過を近くで見ることができるのも魅力です。学生の時よりもPTなどリハビリスタッフとも関わる機会が増えました。

Nさん:働きやすい病棟で、先輩も先生も個性的で楽しいです。整形外科の特徴は「入退院の回転が早い」「他職種との連携が多い」です。

Mさん:内科は終末期を迎える方への看護が学べる機会が多いです。化学療法をされている患者さんも多く、幅広い症例が見れます。

Oさん:人間関係がとても良い病棟です!聞きにくい先輩が全然いません。オペ室の看護師は5年でベテランと言われてますが、2年目でもプリセプターの先輩が必ずついてくださるし、先生と手術の打ち合わせで関わる機会も多く、毎日が新しい発見ばかりでとても楽しいです。

 

Q.将来どんなナースになりたいですか?

Bさん:学生の時に、透析室に入る機会があったのですが、そこの看護師さんが家族のように患者さんと関わっていて、そんな風に関わることのできる看護師さんになりたいと思います。先を見据えて、次のそのまた次まで予測して動けるようにもなりたいです。

Hさん:患者さん一人一人に確実に看護を提供できるような看護師になりたいです。

Nさん:患者さんが初めて急変したときに何もできなくて、その時にてきぱきと自分で判断して動けるような憧れの先輩がいて、その先輩のようになりたい!そして、将来自分の家族の看護もできる看護師になりたいです。

4Mさん:知識が豊富で、周りを見ながら指示を出せて、いつも笑顔溢れる看護師になりたいです。

Oさん:不安が無い患者さんはいないと思うんです。その不安を軽減することができるような看護師になりたい。私を見て安心感を持ってもらいたいです。

 

 

 

Q.【看護学生へメッセージ】をお願いします!

Bさん:学生は学生なりに、実習、テスト、模試など忙しいと思います。国試に受かることはあくまでスタートですが、そこからまた新しい道が開けるので、あきらめずに頑張ってほしいです。

Hさん:しんどいことはたくさんあると思います。でも乗り越えたら楽しいことがたくさんあると思うので、あきらめないでほしいです。

6

Nさん:私実は模試でどべの方で(笑) 友達と分担しながら勉強することでとっても助かったので、そんな風にみんなで頑張れる環境が作れたらいいなと思います。

Mさん:私は学生のとき毎日辞めたいと思っていました。でも、今日頑張ろう、今日がんばったら何かいいことあるかなというように考えて頑張ってほしいです。

Oさん:学生時代を思い出すときつい思い出もたくさんありますが、同じようにみんなと過ごす時間はすごく楽しくて、今でも戻りたいなって思います。今の生活を大切にしてほしいなと思います。

 

 

看護学生レポーター:もーたんの感想

皆さんの失敗談を聴いていて、技術面の失敗だけでなく、患者さんとのコミュニケーションの面での失敗を経験されているということがわかりました。新人ゆえの緊張が患者さんやご家族に伝わってしまったり、会話をすることのできない患者さんへの処置のミスがあったりと、自分が実習で注意しなければならないことも学ぶことができたと思います。PNS(パートナーシップ)制度が導入されて間もないので、戸惑うこともあったようですが、先輩方はチームの人と協力しながら看護に当たっているんだなと感じました。新しいことにも柔軟に対応できるような環境と、支援の風土を感じました。第一東和会病院さんの新人ナースさん達のインタビューを通じて、高槻市で地域に根付いた看護を提供するという役割を担っている病院だと、学生ながら感じることができました!

IMG_2863

第一東和会病院 平成29年度、平成30年度新卒看護師募集中!
資料請求・見学・インターンお申込みはコチラから

見学・インターンのお申し込みはなるべく7日前までに下記問い合わせフォームよりお申し込み下さい。

■ 応募項目 (必須)
見学インターン資料請求

■ お名前 (必須)

■ ふりがな (必須)

■ 性別 (必須)

■ メールアドレス (必須)

■ TEL (必須)

■ 生年月日 (必須)

■ 郵便番号 (任意)

■ 都道府県(必須)

■ 市区町村(必須)

■ 番地建物名(必須)

■ 在籍校 (必須)

■ 学校種別・学年 (必須)

■ 卒業予定年 (必須)

■ 取得予定資格 (任意)
看護師准看護師保健師助産師その他

■ 希望日1 (任意:資料請求のみの場合は空欄)

■ 希望日2 (任意:資料請求のみの場合は空欄)

■ 希望日3 (任意:資料請求のみの場合は空欄)

■ 通信欄

こちらから利用規約を確認

利用規約に同意しました



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護学生 就活☆ラボ WEB編集チーム

看護学生 就活☆ラボ 編集メンバー募集中! 看護学生就活☆ラボは、「未来のナースのハタラキカタ」をテーマに、【「夢」と「やりがい」をもって働き続ける未来ナースを増やす!】をミッションに、『日常』の中に『出会い』『学び』『発見』のある「場づくり」を行いながら、看護学生編集チームメンバーでアイデアを出しながら、全国約20万人の看護学生へ発信していきます!